まずはここから! ~あんしんシミュレーション~

あんしんシュミレーションとは?

税理士が、ご所有のアパート経営の分析を行い、課題を発見し、対策をご提案させて頂くことで、今後のアパート経営を安心して行えるようにサポートするサービスです。


あんしんシュミレーションでわかること!

経営の現状と、今後10~15年の課題がわかる!

・所有する資産に対して相続税がいくらかかるのか?
・今後10~15年間のアパートにかかる税金(所得税・住民税・事業税)はいくらか?
・今後10~15年間のアパート経営で、現金の手残りはいくらか?
・デッドクロス(※下記参照)により、現金がマイナスにらないか?


対策と改善数値のご提案

下記のようなご提案をさせて頂き、実効した場合の効果を数字で提示いたします。
・法人化による節税
・保険を使った節税
・生前贈与を有効的に使った節税
・借り換えによる資金繰り改善のご提案
など


あんしんシュミレーションの特徴!

実際の数字でわかりやすく提示!
実効性のない提案では意味がありません。どのくらい効果が出るか金額で示すことで、判断をしやすくします。

相続税以外もシュミレーション!
相続税対策をしたことによって、毎年の所得税が高くなってしまっては、結果的に損することになります。アパート経営は、かかるすべての税金について考えないと意味がありません。相続税のみのシミュレーションではなく、所得税等のシュミレーションも同時にするため、短期・長期の両方の視点で有効です。

必ず3つ以上の提案をし、大家さんに選択肢を用意します!
アパート経営の解決策は1つではありません。それぞれの方法には、必ずメリットと、デメリットがあります。複数ご提案させていただくことで、ご自分が納得いくものからお選びいただけるようにいたします。


あんしんシュミレーションの流れ

お申込み・ご面談の予約
     ↓
ご面談(資料をご用意頂きます)
     ↓
あんしんシュミレーションの作成
     ↓
ご報告


料 金

108,000円(税込) *ただし、不動産が5か所以上ある場合は、別途見積りになります。




デッドクロスとは? ~黒字倒産の危険を避ける~

借金をしてアパートを経営している場合に、1年間あたりの「元本返済額 > 減価償却費」となる時点をいいます。

元本返済は実際にお金が出て行きますが、経費になりません。逆に、減価償却費はお金が出て行きませんが、経費になります。元本返済額の割合が大きくなることで、支払う所得税が多くなるため、資金繰りが難しく、黒字倒産になる危険性がでてきます。

アパート経営においては、デッドクロスの時期を把握し、それまでにどんな対策(繰上げ返済や、リスケ、節税対策)をするか準備しておくことが必要です。



シミュレーションの重要性

デッドクロスは、毎年の確定申告書を作成しているだけでは、わかりません。アパート経営で重要なことは、「いくら家賃収入が入って、いくら支出が出ていき、最終的にいくら手残りがあるのか?」です。

確定申告とは、別に将来のキャッシュフロー(収支)を予測した事業計画を作成することで、現状の課題と今後の対策が見えてきます。



profile